Emacs/W3 が対応しているタグ


標準的でないブラウザを使うとき気になるのは、 どのレベルの HTML まで サポートしているかということでしょう。 ご安心ください。 Emacs/W3 は HTML

この1年ほどの間に HTML には様々な拡張が行なわれました. その結果,新しい機能に対応していないブラウザで見ると 意味をなさないページも多数出てきました. これらの拡張に対応していないブラウザは, もはや使い物にならないというのが現状です.

まず画像(IMG タグ)の扱いが気になるのではないでしょうか. 画像の扱いは,XEmacs とその他の Emacs で大きく異なります. XEmacs では編集画面に任意の画像を表示できますので, 他の(グラフィカルな)ブラウザと同様の表示が可能です. XEmacs 以外の Emacs でも対応は可能です. この場合,まず画面には ALT 属性で指定した文字列 (指定がない場合はファイル名)が表示されます. そこにカーソルを合わせて M-RET を押すと, 外部プログラム(通常は xv)を起動して画像を表示します.

もう一つ気になるのは TABLE タグでしょう. TABLE は,対応していないブラウザでは読んでも意味がわからないという 困ったタグです. しかし Emacs-W3 は,ちゃんと表として表示してくれます.

IMG タグへの対応
XEmacs 編集画面中に表示できる.
XEmacs 以外の Emacs とりあえずリンクを表示し, M-RET で外部ビューアを起動.

画像は,単に表示するだけではありません. クリッカブルマップが出てくると,厄介です. Emacs-W3 では,クライアント側で処理するものには対応しています. 画像の上でクリックするのではなく, 選択肢の中から選ぶかたちになります.


[Japanese] [English]
[Emacs-W3]
nagae@tk.airnet.ne.jp