トップページ / 勝手に研究室 / HttpLog

HttpLog

Last Update 1999/8/2


戻る


 HttpLogはhttpを用いた各種通信のログを取ることができるソフトウェアです。

 HttpLog及びこのページの意見、感想その他はPC SQUAREの掲示板、もしくはseiitiro@tk.airnet.ne.jpまでどうぞ。


目次


HttpLogとは

HttpLogのダウンロード

HttpLogの使用方法

HttpLogの仕様・制限

現時点で判明している不具合

更新履歴



HttpLogとは


 HttpLogはプロキシのように振る舞うことで各種httpトランザクションのログを取ることのできるソフトウェアです。

 HttpLogを使用することでNetscapeNavigatorやIEをはじめとするブラウザ、その他httpを使用するソフトウェア(ただしプロキシの設定ができる物に限る)のログを取ることができます。

 左の見本画像はNetscapeNavigatorでwww.microsoft.comに接続した様子です。



HttpLogのダウンロード


HttpLogのダウンロード

 一応アーカイブはNortonAntiVirusとウイルスバスター98(いずれもNT版)の公開時点での最新パターンでウイルスチェックはしてますし、開発環境はNortonAntiVirusが常駐しているので恐らく大丈夫だとは思います。
 しかし、こんなご時世ですので不安な方は各自チェックをお願いします。

 リンク先がcgiになっているのはダウンロード回数をチェックするためで、ちなみに現在のダウンロード数は 1775 回です。



HttpLogの使用方法


まずは起動

 起動すると以下のダイアログボックスが表示されるので、使用するポートと、経由させるプロキシサーバを入力してください。
 プロキシサーバは必要のない場合入力しなくてもかまいません。

 HttpLog側の作業はこれでおしまいです。

 引き続きログを取るソフトウェア側の設定を行います。

ソフトウェア側の設定(NetscapeNavigatorの場合)

 HttpLogを起動したらプロキシの設定を行います。
 NetscapeNavigatorの場合は 編集−設定−詳細−プロキシ で行います httpのプロキシの欄に127.0.0.1(HttpLogを起動したマシンで実行する場合)と先ほど設定したポートを入力します。

 これで準備は完了です。

ソフトウェア側の設定(IEの場合)

 IEの場合は インターネットオプション−プロキシサーバ−詳細 で設定を行います。
 プロキシサーバを利用してインターネットにアクセスのチェックがついていることを確認してください。

 httpのプロキシの欄に127.0.0.1(HttpLogを起動したマシンで実行する場合)と先ほど設定したポートを入力します。
 これで準備は完了です。

 他のソフトウェアの場合は上の例を参考に設定してみてください。

 後はブラウザなどを操作してHttpLogの画面を眺めているだけです(^^;;。



HttpLogの仕様・制限




現時点で判明している不具合


Ver0.1では起動するとlog拡張子のファイルがHttpLogに関連づけられてしまうことがあります。その場合以下の手順で修正してください。
エクスプローラを起動(マイコンピュータでも可) − 表示メニュー − オプション − ファイルタイプ で登録されているファイルでHttpLogドキュメントを選択

接続先が192.168.1.1などのようにIPアドレス表記の場合接続できないことがある。とっくに対応したはずだったんだけどなぁ。



HttpLogの更新履歴


バージョン

日付

更新内容

Ver.0.01 1999/7/7 ログの拡張子をlogからhlgに変更、アイコンを変更、ツールメニューを増設。
Ver.0.1 1999/6/21 最初のバージョン



上に戻る


Seiichiro Mochida
seiitiro@tk.airnet.ne.jp